頻尿の原因と過活動膀胱のしくみ

頻尿の原因とは!過活動膀胱との関係性と仕組みを徹底解説

頻尿の原因と過活動膀胱

過活動膀胱は、我慢できないような尿意が急に起きてしまうという症状です。

場合によっては尿が漏れてしまうこともあります。

 

前立腺肥大症のある人の50~75%はこの症状で悩んでいるとされており、しくみについて知っておくと良いでしょう。

過活動膀胱と頻尿

過活動膀胱になると頻尿を伴うことがあります。

  • 1日に8回以上トイレに行く人
  • 夜間も1回以上トイレに起きてしまう場合

などは頻尿であると考えられます。

 

最近では40歳以上の男女の8人に1人が過活動膀胱の症状で悩んでいると言われており、その中の約半分は切迫性尿失禁の症状があるようです。

男性の頻尿

男性の頻尿の原因

男性の場合は、前立腺肥大症があって頻尿の症状がある人と、前立腺肥大症はなく頻尿の症状だけがある人がいます。

 

過活動膀胱は、

  1. 神経因性のもの
  2. 非神経因性のもの

神経因性のものは、脳と膀胱を結ぶ神経のトラブルで起こります。それぞれの頻尿が起こるしくみを知っておくことは、対策の精度を上げることにつながります。

 

脳卒中脳の障害脊髄の障害などがある場合は頻尿につながります。
これらによって膀胱に尿が少量しか溜まっていないのに尿を出そうとすることがあります。
また締めたり緩めたりなどの機能が、上手く働かなくなることも頻尿の症状を出てしまうことにつながります。

 

前立腺肥大症などでも尿が出にくい状態が続いてしまいます。
その場合は、排尿の度になんとか尿を出そうとしてしまい、膀胱に負担がかかります。

 

このような症状が繰り返されることで、膀胱の筋肉が異常をきたしてしまいます。
また少しの刺激にも過敏な反応をするようになってしまうということです。

女性の頻尿

女性の場合は加齢や出産によって、膀胱を支える筋肉が弱くなってしまうことがあります。
そのために排尿のメカニズムが上手く働かなくなることがあります。
さらに過活動膀胱の症状が出てしまうことがあるのです。

 

またそれ以外の原因で、膀胱の神経が過敏になってしまうこともあります。
ときには原因が特定できない場合もあります。

 

いくつかの原因が複雑に絡み合って発生してしまうこともあります。
気になる症状が出たらできるだけ早く病院で受診しましょう。

 

頻尿対策頻尿対策