頻尿が続いたら膀胱炎が原因かも?女性の身体の構造とそのしくみは?

またおしっこ、膀胱炎かも?

「トイレが近くなる頻尿」

「排尿時の痛み」
といった膀胱炎が引き起こす不快な症状に悩んでいる方には、女性がとても多いと言われています。

 

膀胱炎にも急性と慢性の2種類に分けられます。
膀胱炎の原因として一番多いのが細菌の感染による急性膀胱炎です。


細菌の感染による急性膀胱炎

膀胱炎の原因菌は大腸菌が殆どです。
他にも腸球菌やブドウ球菌など、どこにでもいるありふれた細菌も急性膀胱炎の原因になります。

 

健康な時には体に入ってきても、感染する前に細菌を殺す働きが機能します。
しかし疲れていたり病気によって免疫力が落ちている時には要注意です。
この場合、細菌に抵抗しきれずに感染してしまう場合があります。

 

最近は尿道口から侵入し膀胱に到達します。
その後、膀胱の内側の壁(粘膜)に取り付いて炎症を起こします。

女性に膀胱炎が多いわけ

どうして女性に膀胱炎が多いのか?

なぜ女性に膀胱炎に多いのか、その理由は女性特有の体の構造にあります。
女性の場合、男性に比べて尿道が短く直線的です。

 

男性の場合尿道は15~17センチほどですが、女性では3~5センチほどしかありません。男性よりも女性のほうが尿道口から入った細菌が、膀胱に到達しやすいと言えるでしょう。

 

また女性の場合、肛門と尿道口の距離が短いことも膀胱炎になりやすい一因です。
女の子のお子さんをお持ちの方は、排便排尿後の紙の使い方を指導してあげましょう。

 

性行為によっても細菌感染が起ります。
またトイレを我慢すると膀胱の中で菌が繁殖しやすくなってしまい、感染の原因となります。
朝の忙しい時間についつい家族にトイレを譲ってしまうこと、女性にはよくありますよね。

頻尿になってしまう仕組み

では頻尿のしくみとはどんなものなのでしょう。
通常、膀胱は100~150ミリリットルほどの尿が溜まると、膀胱の壁が伸びることがきっかけとなって尿意が起ります。

 

ところが膀胱炎が起こると、炎症による刺激で尿意が起きてしまいます。
そのため溜まっている量が10~20ミリリットル程度であっても、頻繁にトイレに行きたくなります。
もともと少ししか溜まっていないので当然排尿しても出る尿の量は少なくなります。

 

排尿が終わっても炎症による刺激は続いているので、残尿感や下腹部の違和感を感じます。
こうして頻繁にトイレに行きたくなる頻尿が起こることになるのです。

 

【男性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキングはこちらから

【女性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキングはこちらから

【前立腺肥大から頻尿になってしまう原因】の関連情報

頻尿が続いたら膀胱炎が原因かも?女性の身体の構造とそのしくみは?

「トイレが近くなる頻尿」「排尿時の痛み」といった膀胱炎が引き起こす不快な症状に悩んでいる方には、女性がとても多いと言われています。膀胱炎にも急性と慢性の2種類に分けられます。膀胱炎の原因として一番多いのが細菌の感染による急性膀胱炎です。細菌...