頻尿とは?頻尿の症状と排尿回数の基準を知る!

効果的な頻尿対策

頻尿とは1日に何回もトイレに行ったり、短期間で何回もトイレに行く症状のことを言います。

 

一般的には排尿回数の基準として、1日に8回以上トイレに行くことを頻尿と定義されています。

 

この頻尿に似たケースとして多尿症があります。
人が1日に必要な水分を補給した時にトイレが近くなる場合であって、頻尿と違う病気をいいます。

 

もし時間があれば1回の尿の量を1日調べてみると良いでしょう。
尿の量が大体1日2L以上排尿している場合、水分を減らすことでトイレへ行く回数も減ることがあります。

 

また冬場に寒いところにいるときにトイレが近くなる場合がありますが、それも頻尿とは違うことが多いです。
冷えによる頻尿の場合には、カイロ等を使って体を温めていると自然に状態が緩和される場合もあります。

前立腺肥大症による頻尿のケース

頻尿で気になるケースには次のような場合です。
例えば夜中に2回以上もトイレに向かうケースです。
この状態が、少なくても一ヶ月程度も続くのであれば、泌尿器科か内科に相談されることをお勧めします。

 

このケースに当てはまりますと、男性の場合は前立腺肥大症と言う病気が疑われます。
この場合は病気ですので、適切な診療と投薬が必要になり、場合によっては手術も必要となります。

過活動膀胱による頻尿

また40歳ぐらいからは過活動膀胱と言う病気になる方が多くなってきます。
そのため早期の受診が必要になってきます。

  • 排尿回数の基準の回数の倍ぐらいトイレに行く
  • 30分に1回はトイレに行く

というような場合には要注意と言えるでしょう。

 

また頻尿の原因には疲労などによる心因性のものがあります。
この場合は急にトイレが近くなったりします。
心因性の場合は心を落ち着かせる事が先決になるため、漢方薬を処方される場合が多いです。

 

症状が落ち着くまで平均的に半月単位で漢方薬を飲む場合が多くなります。
トイレが近い症状の時は基本的にカフェインは控えられた方が良いでしょう。

 

コーヒーや一部のお茶にはカフェインが多く含まれます。
飲みすぎるとカフェインが原因で頻尿を引き起こすことがあります。

 

排尿回数の基準が1日に8回と書きましたが、人によっては平均が10回の方もいます。
もしかすると気になる必要がない場合もあります。
しかし尿の回数が極端に増えた場合は要注意です。

 

【男性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキングはこちらから

【女性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキングはこちらから

【頻尿の症状と排尿回数の基準を知る!】の関連情報