頻尿による悩み|仕事・勉強に集中できない・・・

トイレが気になって集中できない

頻尿の悩みを抱えている人は、少なくありません。

度重なる尿意によって、仕事・勉強に集中できないばかりではなく、夜間のトイレも多くなったり、睡眠不足になってしまったりなど、さまざまな悪影響があります。

 

頻尿が重度になってしまいますと、頻繁にトイレを探さなくてはいけないことになってしまい、外出すらできなくなってしまう…といったことさえ起きてしまいます。

 

頻尿対策《MENU》
  1. 頻尿の目安とは!原因・改善方法
  2. 【男性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキング
  3. 【女性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキング
  4. 排尿回数の基準を超えた段階で頻尿と判断できる病気
  5. 頻尿対策は病院だけでなく市販薬や食事療法でも可能です
  6. 頻尿対策にサプリメントは手軽でおすすめ
  7. 男性と女性で異なる頻尿の原因

頻尿の目安とは

頻尿の目安としては、1日8回以上とされています。
この基準を超えているようであれば、早急な対応が必要となります。

 

仕事・勉強に集中できないほどの頻尿の悩みに対しては、その原因を突き止めることが第一となります。
尿意が頻繁に襲ってくるということは、それだけ膀胱の活動が過剰になっているということになります。

頻尿を引き起こす膀胱の活発化

この膀胱の活動の活発化を引き起こしているのは、

  • 前立腺の肥大などの身体的な異常
  • 心因性の原因によるもの

などが考えられます。

 

とくに男性においては加齢に伴い、前立腺が大きくなってしまうことがあります。
それが尿道を圧迫してしまって頻尿が起こることが多いのです。

 

常にストレスを与え続けられた尿道は、膀胱にも徐々に負荷を与えてしまいます。
そのため、過活動を誘発してしまうことになります。

病気の羅患による頻尿

また膀胱がんに罹患していると、同じような症状が出ることがあります。
とくに高齢者は、がん発症リスクも高くなります。。
症状を感じときは専門医の診察を受けていくのが賢明と言えます。

 

他にも、尿道などに炎症があると、トイレが近くなることがあります。
細菌感染が広がっているケースも考えられますので、すみやかに治療を受けるようにしましょう。

心の問題による頻尿

一方、日中にのみトイレが多くなるという場合には、心因性による可能性が高くなります。
診察内容によっては、心療内科を勧められることもあります。
きちんと診断を受けるようにしたいものです。

頻尿を改善するには

いろいろな面で辛い頻尿という症状ですが

  • 膀胱トレーニング
  • 行動療法
  • 骨盤の底にある筋肉を鍛える

など、様々な対策法があります。
前立腺肥大などに対しては、投薬治療も受けられます。

 

いずれにせよ、症状が深刻化する前に、泌尿器科にかかることが早期解決への道です。
克服できる病気ととらえ、頻尿に立ち向かっていきましょう。

 

【男性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキング

 

凄いノコギリヤシの特徴

夜中に何度も悩まされていたのに…もれなく「ピタッ!」
濃厚さが決め手の5つの厳選成分が夜の悩みを解決してくれます!

【ノコギリヤシエキス】業界トップクラスの400mg限界濃度を配合!
【3大キレ味成分配合】リコピンシトルリンバナナエキス末
【注目のお休み成分も配合】ヒプノカリスで上質の休息をお届け!

通常価格 5,600円(単品)
限定価格 1,000円 【初回限定】+送料無料!
 
 

ノコギリヤシPUREの特徴

中高年男性のトイレの悩みにノコギリヤシエキス100%の贅沢なサプリ
日本泌尿器科学会専門医と唯一提携しているノコギリヤシサプリ

夜尿症、頻尿、残尿感、尿漏れ、尿切れの悪さ、失禁でお悩みの方に!
ノコギリヤシエキス100%の確かな品質!継続購入率80%
加えて製薬会社と変わらない厳格な管理基準で製造実施!

通常価格 5,200円(単品)
限定価格 500円 【ワンコインキャンペーン】実施中!
 
 

ノコギリヤシEX(小林製薬)

ノコギリヤシEX(小林製薬)の特徴

夜はゆっくり休みたい方のためのノコギリヤシサプリ
製薬会社のしっかりした品質で製造されているので安心です!

ノコギリヤシEXは特に50歳以上の男性に選ばれています!
トマトリコピンに加え厳選された7つの自然植物成分も含有!
ノコギリヤシサプリメント部門でNo1の確かな実績!

通常価格 2,700円(単品)
限定価格 1,350円 ※定期なら初回お届けが半額になる!
 

【女性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキング

 

ナチュラエース

ナチュラエース(ダイドードリンコ)の特徴

デリケートな女性の悩みに専用に開発された『ナチュラエース』
「イソサミジン」「カボチャ種子エキス」を高配合!!

他にも「グランベリー」「黄金ショウガ」「亜鉛」「ビタミンE」を配合してスッキリをサポート!
ホルモンバランス体内の酵素体内を温める効果など毎日を笑顔で過ごせるための成分を配合済み!!

通常価格 4,286円(単品)
限定価格 2,999円 ※「マルチビタミン一袋」もプレゼント中♪
 
 
クレアギニンEXの特徴

トイレに関する悩み・毛髪に関する悩みにはやっぱりクレアギニンEX!
■クレアギニンEXの特徴
・ノコギリヤシエキスを2粒にたっぷり400mgも配合!
・女性も使用できるようにペポカボチャ種子エキスも配合!
・L-シトルリンをはじめとする健康成分を計29種類も配合し実感力に差があります!
・1日わずか100円ではじめられるのでとってもおトク
・業界トップクラスのコストパフォーマンスで人気がります!
・商品モニター様の92%の方が満足と回答!

通常価格 6,300円(単品)
限定価格 4,980円 ※初回限定20%OFF
 
 

すっきり さわやか習慣

すっきり さわやか習慣の特徴

西洋カボチャを配合し男性でも女性でもお飲みいただけるサプリメント
薬剤師が開発したノコギリヤシサプリメントが「すっきりさわやか習慣」です!
「すっきりさわやか習慣」のポイント
・保存料、香料、着色料など一切使用していない!
・ノコギリヤシの配合量を実績のある海外データを参考に決定!
ドイツの基準で男女に使用が認められた唯一の植物性成分の西洋カボチャを使用!

通常価格 7,600円(単品)
限定価格 3,800円※初回限定52%OFF
 

排尿回数の基準を超えた段階で頻尿と判断できる病気

どのくらいの頻度で頻尿と言える

1日のうちに5回や6回ほど排尿をするのが、人間の平均的な回数です。しかし排尿の回数が、1日に8回を超えてしまう人も中にはいます。

 

これに当てはまる人はすでに頻尿と言って良い状態になります。1日8回という排尿回数の基準を超えているようであれば、病院で検査を受ける必要があるでしょう。

 

もし頻尿の症状を放置すると、膀胱結石糖尿病などの初期症状に気付く事ができないため、命を落とすような病気の進行を放置する事になりかねないのです。

さまざまな頻尿を引き起こす病気

「前立腺肥大によって膀胱が刺激される」
「細菌によって尿路に炎症が起きてしまい、神経が刺激されて排尿回数が増えてしまう…」

このように、頻尿とひとくちに言っても、その種類も様々です。

 

どういった原因で排尿の回数が増えているのかは、やはり専門家でなければ判断は難しいところです。
そのため、まずは泌尿器科での検査を受けてみる事をおすすめします。

 

検査によって膀胱がんの初期症状に気付く事ができます。
そうすると早いうちに手術を受ける事が可能になり、命を救われたという人も少なくありません。
排尿回数が異常と言える状態が、1~2週間ほど続いているというだけでも注意してください。
すでに病気の初期症状が発生しているという可能性もあります。

 

たとえ仕事が忙しくても、時間を作って泌尿器科の検査を受けるようにしてください。
頻尿の原因の種類に合わせた治療法を実践されると良いでしょう。

心因性の原因によって発症する頻尿

ストレスなどが原因になって頻尿となってしまっている事もあります。

 

「夜中にまたトイレに行く事になるのではないか」と気がかりになってしまうことありませんか?
そういったストレスが原因で膀胱が刺激され続けてしまう人も多いです。

 

自分が頻尿になっている事をあまりにも気にしすぎている…
そういった自覚症状がある人は、心療内科の受診をしてみる事をおすすめします。
泌尿器科では対処できなかった症状が、心療内科で完治したという人も珍しくありません。

 

頻尿とは排尿を我慢をし続ける事で悪化する病気です。
排尿回数の基準を超えた段階で治療を始めておきましょう。

頻尿対策は病院だけでなく市販薬や食事療法でも可能です

食事・薬品などでも改善可能

もはや数え切れないくらい…

一日に何度も排尿をしてしまうという人もいらっしゃるのでは無いでしょうか?もしそうであれば、試しに一度、排尿の回数を数えてみてください。

 

もし一日に8回以上も排尿をしているようであれば、すでに頻尿を患っている可能性がもあります。
自分が頻尿かもしれないと考えて、病院で治療を始める必要性が出てきているかもしれません。

 

しかし病院の利用を受け、医師に処方された治療薬を飲んでいるだけで症状が完治するとは限りません。そのため、より確実に頻尿を改善するために、その対策を自分で始めておく事をおすすめします。

尿道括約筋を鍛える

排尿回数が多いだけでなく、尿漏れなども起きてしまう事があるという人もいらっしゃるかもしれません。
もしそうであれば、尿道括約筋が弱っている可能性を疑ってください。

 

この場合、治療薬によって対処をするだけでなく尿道括約筋を鍛える体操も行っておく必要があります。
尿道括約筋は、骨盤底筋群の一部です。
この骨盤の筋肉を鍛える体操を行っておけば尿道括約筋は自然と鍛えられてくものです。
このトレーニングの成果が出てきますと、排尿をコントロールしやすくなります。

 

一日に十回ほど排尿していたという人でも、骨盤の筋肉を鍛える体操を始める事によって、正常な排尿回数に戻す事ができたという例も珍しくありません。

 

骨盤の筋肉はスクワットでも鍛える事ができます。
でもまずはストレッチによって骨盤の筋肉全体を活性化する事から始めておきましょう。

ツボやお灸、漢方による頻尿の改善法

ツボを刺激する対策もおすすめです。
足首の内側から指を4本分ほど上にいったところに三陰交というツボがあります。
これを刺激すると頻尿に効果的です。

 

少し痛みを感じるぐらいの強さで三陰交を刺激します。
2分ほど指で押さえっぱなしにしていると、より効果を実感しやすくなります。

 

お灸なども頻尿には効果的です。
ツボ押しで効果が物足りないと感じた人は、お灸も試してみてください。
市販薬を使って対策をするのであれば、リラックス効果の強い漢方を含むものをおすすめします。
ストレスが原因で排尿回数が増えている人ほど、その市販薬の効果を実感しやすいものです。

 

食事療法によって排尿回数を減らす際には、水分の摂取量を減らそうとするのではなく、塩分の摂取量をコントロールするようにしてください。塩分を減らす食事療法を続けるだけで、膀胱への刺激を減らす事が出来るようになります。

頻尿対策にサプリメントは手軽でおすすめ

手軽に改善できるサプリメント

頻尿だといえる明確な排尿の回数は決まっているわけではありません。ただ、夜中寝ている間には腎臓が尿をあまり作らないようになっています。

 

もし夜中に何度も起きてトイレに行くというのであれば、頻尿の可能性があります。昼間も5回程度なら一般的な回数と言えますが、8回を超える回数となってくると、頻尿だと考えて対策を講じたほうが良いでしょう。

 

頻尿の症状があり、トイレの回数を減らしたいと考えているならば、サプリメントを活用することもお勧めの方法です。

 

頻尿改善のためのサプリメントの選び方は、頻尿を引き起こす原因によって違ってきます。
またサプリメント自体、種類も豊富なので選ぶ際には有効成分の含有量を比較することがポイントです。

【男性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキングはこちらから

【女性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキングはこちらから

男女における頻尿の原因の違い

男性と女性では、頻尿の原因が違うことがあります。

 

男性は男性ホルモンの過剰な分泌が影響します。
その結果、前立腺肥大から残尿感や排尿障害に至ることがあります。

 

それに対し、女性は女性ホルモンの減少が原因になることがあります。
これによって引き起こされる機能低下から、残尿感や失禁につながることが多いです。
そのため女性の頻尿は、閉経後に症状がひどくなる人もいます。

 

男女の頻尿の原因に合わせた対策

ホルモンのバランスを整えるために男性にオススメなのは、ノコギリヤシの成分です。
このノコギリヤシの成分は、男性ホルモンの過剰分泌を抑えることで前立腺肥大を起きにくくしたり、状態改善を目指すことにつなげることが出来ます。

 

女性もホルモンバランスを整えるサプリメントがたくさん出ていますが、副作用には注意が必要です。
女性ホルモンが過剰になると、乳がんなどを発症しやすくなるリスクがありますから、摂取方法に注意する必要があります。

 

出来れば自身の判断によって飲むのではなく、医師の指導を受けながら摂取したほうが望ましいです。

ホルモンバランス以外の原因による頻尿の改善法とは

排尿時に痛みが伴っているのは、膀胱が炎症を起こしているサインと考えられます。
このケースでは、ホルモンに関連したサプリでは改善が期待できません。

 

おすすめなのは漢方による対処法です。
炎症や血流の改善の効果が期待できる、膀胱炎に適したものが薬局などで購入できます。
頻尿の原因に合わせた対策を行わないと、いつまでも改善が期待出来ないことも考えられます。

 

心因性の場合は、頻繁にトイレに行かなくても大丈夫だという意識を持たせることも効果があると言われています。つまり、トイレに行きたくなったときに少し我慢してみる訓練を行うことで、頻尿の改善に繋がるという方法です。この方法で頻尿が改善されたケースも実際にあります。

 

自宅での訓練の場合、いつでもトイレに行けるという安心感もあります。
頻尿対策に取り組む場所としては最適であると言えるでしょう。

男性と女性で異なる頻尿の原因

男性と女性で異なる頻尿の原因

男性と女性では、同じ頻尿の症状でも原因が異なるものもあります。

 

排尿する器官の構造が違いますし、男女特有のライフイベントや病気によって違いが生じてくるのです。


男性の頻尿の原因、前立腺肥大症

まず男性特有の頻尿の原因として多いのが、前立腺肥大症です。
60歳の人の2人に1人は前立腺肥大症の症状があると言われています。
これは年齢が上がるごとにリスクが高まります。

 

原因は男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)の増加です。
これにより前立腺組織が増加してしまうことで肥大化すると考えられています。

 

前立腺は男性にしかない臓器で、膀胱の下で尿道を取り囲むように存在します。
この前立腺が肥大化してしまうと、尿道が狭くなってしまいます。

 

そのために尿が出にくくなり頻尿の原因になるのです。
そうなると排尿をしても残尿感が残り、何度もトイレに行きたくなることになってしまいます。

女性の頻尿の原因、骨盤底筋のゆるみ

女性特有の理由としては、妊娠による骨盤底筋のゆるみが挙げられます。
妊娠中の胎児の重みによる骨盤底筋への負担に加えて、出産時には骨盤底筋がダメージを受けます。

 

このダブルの負担によって骨盤底筋がゆるんでしまいます。
骨盤底筋は膀胱や尿道、子宮を支えている筋肉です。
この筋肉がゆるむと尿道口をしっかり締め付けられなくなり、尿漏れや頻尿を起こしやすくなります。

 

さらに女性は膀胱炎にかかりやすく、女性の2人に1人は膀胱炎を患うと言われています。
長年、膀胱炎はおしっこを我慢することが影響を与えると考えられてきました。
しかし最近ではそうとは限らないことがわかっています。

 

よくあるのが、細菌性の膀胱炎です。
尿道の近くにある膣や肛門から、大腸菌などの細菌が侵入して症状が現れることが多いです。

 

またセックスや性感染症のひとつである、クラミジア感染症も頻尿に影響を与えることが多いです。
疲れたり免疫力が低下していると細菌感染を起こしやすくなってしまうので、免疫力を高めておくことが大切です。

 

そして頻尿は冷えによって起こることもあるので、冷え対策も必要です。
このように、男女で異なる頻尿の理由をしっかり理解しておきましょう。

【男性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキングはこちらから

【女性編】効果とコストと成分で選ぶ頻尿対策サプリ総合ランキングはこちらから

【頻尿問題でお困りなら!頻尿の原因から対策・サプリメントまで】関連情報